現在地:ホーム > よくあるご質問(FAQ)
よくあるご質問

よくあるご質問(FAQ)

当社には全国各地のお客様からの色々なお問合せをいただきますが、その中から「よくあるご質問」を以下のように掲載させていただきます。
どんな事をしている企業なの?
弊社では、イオンプレーティング法及びスパッタリング法により、お客様からお預かりした、様々な基板への薄膜コーティングを行っています。
イオンプレーティング(IP)とは?
物理気相成長(PVD)の一種で、生成する薄膜の原料(ターゲット)として固体を使用し、それを熱やプラズマにより気化・イオン化し、基板上において薄膜を生成する方法です。
一般的には、真空中で金属膜や反応膜をコーティングすることを指し、チタン(Ti)が多用される事からチタンコーティングと呼ばれたり、溶液を使用しないことから、乾式メッキという表現をされることもあります。
イオンプレーティング可能な基板(母材)は?
金属素材はもとより、プラスチックやシリコンラバー、セラミックから木材に至るまで、幅広いコーティング実績があります。
ご希望の試作素材がありましたら、お気軽にお声掛け下さい。
ターゲットとして使用可なマテリアル(素材)は?
基本的に導電性の固体であれば、ターゲットとして使用可能です。
但し、コーティング中の温度の関係で、融点の低いマテリアルは使用できませんのでご了承下さい。
選択可能な色は?
実体膜の「ブラック・グレー・ブラウン・ゴールド・シルバー」を中心に、酸化膜の中でもゾーンの広い「ブルー」や、グラデーションを活かした「レインボー」等をお取り扱いしております。
なお、実体膜は濃淡調節可能です。(例:ピアノブラックやダークグレー、シャンパンゴールドetc)
実際にどんな物を加工していますか?
こちらをご参照下さい。
コストは?
弊社では、設備にバッチ式を採用している為、1回のコーティング(1バッチ)で加工できる数量は決まっております。
その為、「1バッチに掛かるコスト/1バッチで加工できる数量=単価」と成ります。
したがって、洗浄やチャッキング等の手間にもよりますが、基本的にコストと数量は反比例する事になると思われます。
詳しいお見積もりをご希望の方は、お気軽にお申し付け下さい。
納期は?
数量や形状等によりますが、お預かりしてから1〜2週間程度のお時間を頂いております。
topに戻る

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ