現在地:ホーム > 事業内容 > イオンプレーティング処理
乾式メッキ(真空メッキ)

付加価値とエコを兼ね備えた新しい技術

イオンプレーティング処理とは、真空中で金属膜や反応膜をコーティングすることを言います。イニシャルを取ってIPといわれたり、主原料にチタンを使うことからチタンコーティングといわれたりします。また、水を使わないメッキという意味で乾式メッキという表現をされることもあります。

原理的には真空の容器の中で放電を起こしてプラズマを発生させ、そこに金属を蒸発させてその粒子をイオンにして加速し、容器内にセットした品物に薄い膜状の皮膜を形成する表面処理の一種です。高真空中で処理を行うため、緻密で密着の良い薄膜が得られます。

最もポピュラーな膜がチタンと窒素が反応してできる窒化チタンという膜で金色をしています。窒素ガスの比率を変化させることでシルバーからブラウンまで幅広く色を出すことができます。
チタン以外の金属、窒素以外のガスを使ってグレー、ブルー、ピンクなどのカラフルな色も実用化されています。

イオンプレーティングの特徴

  • 膜成分がセラミックになっているため硬く耐熱性があり耐磨耗性も非常に優れています。このためドリルなどの工具類に大量に処理されています。
  • 原料は金属ですがガスと反応してセラミック化していますので金属臭がなく食器などに使用すると食品がおいしく感じられます。
  • 膜は金属原料と反応ガスの種類を組み合わせることで様々な色を出すことができます。貴金属を使わずに近似色を出せることから時計、アクセサリーなど多くのものに使われています。

湿式めっきに比べ、次のような特長があります。

  • イオンプレーティングは湿式めっきのように電気を流さなくても良いため、セラミック、プラスチック、ガラスなどの絶縁物でもコーティングすることができます。
  • 湿式めっきでは剥離しやすい球体の物も、イオンプレーティングでは剥離しにくくなります。地面に落とすなどの衝撃を受けても剥離の心配はありません。
よくあるご質問

対象品

イオンプレーティングの主な対象品は次の通りです。

  • レジャー関係
    • 釣具…釣竿および付属金具、リール部品など
    • ゴルフ…ドライバーヘッド、アイアンヘッド、シャフト、ゴルフボールなど
  • 装身具、インテリア関係
    • アクセサリー…リング、バングル、ネックレスなど
    • 時計…ケース、バンドなど
    • 文具…万年筆、ボールペン、ハサミなど
    • 水栓…水栓金具、バスインテリアなど
  • 食器類
    • 金属食器、洋食器、刃物など

加工例

イオンプレーティングは従来の金メッキに変わる硬質・耐磨耗性膜として、時計・釣具・装身具・水道部品など、生活用品、レジャー用品に広く応用されています。

設備

スパッタ方式・マルチアーク方式など、種々のタイプのイオンプレーティング装置を駆使して用途に応じた加工を行っています。
また、DLC(ダイヤモンド ライク カーボン)など、更に高機能の膜の研究も行っています。

topに戻る

イオンプレーティング処理のお見積もり・お問い合わせはこちら

イオンプレーティングのお問い合わせ・お見積もり